インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

パブロ・ラリオス氏(サッカー選手・指導者)

2019年1月31日 腸閉塞により逝去

パブロ・ラリオス・イワサキ(Pablo Larios Iwasaki, 1960年7月30日 - 2019年1月31日)は、メキシコ出身のサッカー選手、監督/サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー (サッカー)/ゴールキーパー。父方の祖先はスペイン系、母方は日系メキシコ人/日系である。
1983年3月15日にA代表デビュー。1986年に地元で行われた1986 FIFAワールドカップ/メキシコW杯では守護神として全5試合に出場しメキシコ代表史上最高のベスト8進出に貢献した。引退後はサッカー指導者の道へ進み、2006年の2006 FIFAワールドカップ/ドイツW杯ではGKコーチとしてメキシコ代表に帯同した。
2019年1月31日、腸閉塞のため、プエブラ市の病院に搬送され、そのまま死去した。58歳没。
* CDサカテペク 1980-1984
* クルス・アスル 1984-1989
* プエブラFC 1989-1994
* トロス・ネサ 1994-1997
* ウニオン・サカテペク 1997
* トロス・ネサ 1998-1999
* サッカーメキシコ代表/メキシコ代表
: 1986 1986 FIFAワールドカップ/メキシコW杯(ベスト8、5試合0得点)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら