インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

佐藤純彌氏(映画監督・脚本家)

2019年2月9日 多臓器不全により逝去 ニュースソース

佐藤 純彌(さとう じゅんや、1932年11月6日 - 2019年2月9日)は、日本の映画監督・脚本家。かつては、佐藤 純弥の表記も用いられた。“ミスター超大作”https://www.asagei.com/excerpt/99465 ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<直撃2・“ミスター超大作”佐藤純彌監督の回顧録>。
父は日本刀学者の佐藤貫一。兄は東京大学名誉教授の佐藤純一 (言語学者)/佐藤純一。子に日本テレビ放送網/日本テレビ・ディレクターの佐藤東弥がいる。
東京都出身。東京都立第一中学校在学中に学制改革を経て東京都立日比谷高等学校/日比谷高校卒業。その後東京大学文学部卒業。
太平洋戦争時は、山形県鶴岡市の祖父と叔父の元へ縁故疎開。
終戦後の1956年に東映へ入社し、東京撮影所のスタッフとしてキャリアを積む。1961年に『宇宙快速船』で助監督として参加。1963年に『陸軍残虐物語』(主演:三國連太郎)で監督デビュー。アニメ作品『魔法使いサリー』では佐藤純弥名義での脚本を担当した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら