インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

高橋英夫氏(文芸評論家)

2019年2月13日 老衰により逝去 ニュースソース

高橋 英夫(たかはし ひでお、1930年(昭和5年)4月30日 - 2019年(平成31年)2月13日)は、日本の文芸評論/文芸評論家、日本芸術院会員。
東京府北豊島郡滝野川 (東京都北区)/滝野川町田端(現・東京都北区 (東京都)/北区田端 (東京都北区)/田端)に生まれる。1947年、第一高等学校 (旧制)/第一高等学校に入学(一高最後の卒業生)、1950年東京大学東京大学大学院人文社会系研究科・文学部/文学部独文科に入学、1953年卒業、大学院に在籍。以後、指導教授手塚富雄の勧めでフリードリヒ・ヘルダーリン/ヘルダーリンの詩を訳し(のち河出書房新社「全集1 詩集」)、手塚との共訳でマルティン・ハイデッガー 『乏しき時代の詩人』(理想社)や、東京府立五中同期の友人粕谷一希の勧めで、ヨハン・ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』を訳し、その際に林達夫の指導を受け没時まで師事した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら