インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

石井眞木氏(作曲家)

2003年4月8日 甲状腺ガンにより逝去

石井 眞木(いしい まき、1936年5月28日 - 2003年4月8日)は、日本の作曲家、指揮者。東京府出身。父は舞踊家の石井漠。同じく作曲家の石井歓は兄、石井五郎 (作曲家)/石井五郎は叔父。
幼少より、父のバレエ音楽/舞踊音楽を担当した縁で伊福部昭の薫陶を受け、その後正式に師事した。1958年、ベルリンに留学し、ベルリン芸術大学/国立ベルリン音楽大学作曲科でボリス・ブラッハー、ヨーゼフ・ルーファーらに師事した。1962年に帰国後、十二音技法などを使った作曲をしていたが、その後アジア圏の民族音楽、たとえば声明やガムランなどに影響された音楽を作曲した。1969年、西ベルリンのアーティスト・イン・レジデンスとして再渡独。以来、ベルリンと東京を拠点とし、活動を展開する。国際的な交流活動にも積極的で、日独現代音楽祭や日中友好合作現代音楽祭の企画等も行なっていた。
1999年、紫綬褒章を受章した。
2003年4月8日、甲状腺癌のため66歳で急逝した。交響詩『幻影と死』が遺作となった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら