インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

多賀谷真稔氏(政治家)

1995年4月9日 逝去

多賀谷 真稔(たがや しんねん、多賀谷眞稔、1920年1月5日 - 1995年4月9日)は、日本の政治家。日本社会党の元書記長。広島県呉市出身。正三位勲一等旭日大綬章。
*1943年、早稲田大学法学部卒。日鉄鉱業入社、炭鉱福岡地方本部法規対策部長などを務める。
*1952年、社会党左派/左派社会党から代議士初当選。
*1955年、社会党再統一に伴い日本社会党に所属する。
*1965年、佐々木更三委員長の下で政策審議会長に就任し勝間田清一委員長の下で政審会長に留任。
*1969年、初の落選。
*1970年、成田知巳委員長の下で政審会長を退任。
*1971年、第7回福岡県知事選挙に無所属(社会党推薦)で立候補するも亀井光(自民党推薦)に敗れ落選となる。
*1977年12月、飛鳥田一雄委員長の下で書記長に就任。
*1980年6月、衆参同日選で民放テレビ出演中に地元・福岡2区で落選を知らされ選挙戦を終えた。
*1982年2月、書記長を退任。
*1983年、衆院選で議員に返り咲き。
*1986年、衆参同日選後の特別国会で衆院副議長に就任する。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら