インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

及川和男氏(小説家)

2019年3月10日 多臓器不全により逝去

及川 和男(おいかわ かずお、1933年10月13日 - 2019年3月10日)は、日本の小説家である。
東京府(現・東京都)池袋に生まれるが、疎開で岩手県一関市に住むようになる。東京出身であるが及川姓は一関地方に特有の苗字であり、すんなり地域に溶け込めたものと思われる。
岩手県立一関第一高等学校を卒業後岩手銀行に入行、銀行員として勤務の傍ら小説を書く。1971年(昭和46年)、「雛人形」が雑誌『民主文学』に掲載されてから、同誌を中心に活躍、そこに連載した長編『深き流れになりて』で多喜二・百合子賞を受賞する。
1980年代からは、岩手の地域に根差した作品も多く、沢内村の医療制度を作品化した『村長ありき』も評判になる。
三好京三とは岩手県立一関第一高等学校/旧制一関中学校以来の交友があり、三好の没後、〈いちのせき文学の蔵〉の会長職を引き継いだ。
2019年3月10日、多臓器不全のため奥州市内の病院で死去。85歳没。
*『深き流れとなりて』新日本出版社 1974
*『雛人形』民衆社 1977

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら