インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西田信一氏(政治家)

2003年4月10日 心不全により逝去

西田 信一(にしだ しんいち、1902年10月15日 – 2003年4月10日)は、昭和期の政治家(参議院議員3期)。苫小牧市/苫小牧市町村長/町長、北海道開発庁/北海道開発庁長官・科学技術庁長官を歴任する。1972年勲一等瑞宝章受章。北海道苫小牧市名誉市民(1988年)。
北海道空知郡岩見沢町(現・岩見沢市)に、鉄道員・西田栄次郎の長男として生まれる。両親はいずれも富山県の人。
高等小学校卒業後、郵便局/郵便局員、鉄道員を経て、札幌工業学校(現・北海道札幌工業高等学校)に入学する。
1924年札工を卒業後、苫小牧工業学校助教諭を経て、1928年苫小牧町役場に入職する 名誉市民紹介/北海道苫小牧市。仕事の傍ら王子製紙アイスホッケー部のコーチも務め、1932年には全日本選手権大会で初出場・初優勝の快挙を成し遂げた。土木課長、助役を経て、1946年4代目苫小牧町長に就任する『苫小牧市勢要覧』、13頁。

-(ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら