インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

黒崎彰氏(版画家)

2019年5月14日 肺炎により逝去 ニュースソース

黒崎 彰(くろさき あきら、1937年(昭和12年)1月10日 - 2019年(令和元年)5月14日)は、日本版画界を代表する版画家の1人。京都精華大学名誉教授。
浮世絵の伝統木版画技法を用い、現代木版画世界から、紙という素材そのものを生かし造形するペーパーワークまで、幅広い作品を生み出す (美学叢書 7) 2007年11月 美学出版刊 ISBN 978-4902078107、版画教育家木版画 (日本放送協会/NHK趣味入門) 日本放送出版協会刊 ISBN 978-4140111048としても広く活躍。
「洋画と日本画の概念・範疇差を認めず、いずれも「ペインティング」とすべき」「聾唖者は世界共通(没母国性・没地域性)の手話言語を使用すべき」など独自な主張を持っていることでも知られている。
*1937年 : 満鉄勤務の化学研究員の父のもとで満州国大連市に生まれる。
*1938年 : 母と帰国し神戸へ。戦時下の子供時代と受験期のほぼ5年余りを父方の郷里近江(滋賀県)へ疎開。
*1962年 : 京都工芸繊維大学 工芸学部・意匠工芸学科卒。
*1963年〜69年 : 近畿大学 理工学部・建築学科 講師。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら