インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

加藤典洋氏(文芸評論家)

2019年5月16日 肺炎により逝去 ニュースソース

加藤 典洋(かとう のりひろ、1948年(昭和23年)4月1日 - 2019年(令和元年)5月16日)は、日本の文芸評論家、早稲田大学名誉教授。
講談社ノンフィクション賞、小林秀雄賞選考委員。
山形県山形市出身。山形県立山形東高等学校を経て、1972年東京大学文学部仏文学科を卒業。1985年に『アメリカの影』でデビューする。
雑誌『思想の科学』に1980年代からかかわり、第八次『思想の科学』(1993-1996)の編集委員をつとめた『「思想の科学」五十年史 源流から未来へ』(思想の科学者)巻末執筆者風呂フィールより。
現代文学、思想史、政治、歴史認識と幅広く発言。2019年5月16日に肺炎のため死去した。
*国立国会図書館職員(1978年から1982年はモントリオール大学東アジア研究所に派遣)
*1986年 - 明治学院大学国際学部助教授
*1990年 - 2005年3月 同 教授
*2005年4月 - 2014年3月 早稲田大学国際教養学部教授
*1997年、『言語表現法講義』で第10回新潮学芸賞。
*1998年、『敗戦後論』で第9回伊藤整文学賞評論部門。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら