インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

クラウス・フォン・ビューロー氏(法律家・演劇評論家)

2019年5月25日 逝去

クラウス・フォン・ビューロー(Claus von Bülow, 1926年8月11日 - 2019年5月25日)は、デンマーク出身のイギリスの法律家、演劇評論家。妻マーサ・フォン・ビューロー(愛称サニー)にインスリンを過剰投与し殺害を図った容疑で起訴されたが、無罪となった。
クラウス・セシル・ボルベア(Claus Cecil Borberg)としてコペンハーゲンに生まれる。ビューローとは母方の苗字で、ドイツ貴族の家系。指揮者ハンス・フォン・ビューローは親類である。父スヴェン・ボルベアは劇作家で、ナチの共鳴者として知られていた。
クラウスはケンブリッジ大学トリニティコレッジを卒業して1950年代に弁護士を開業したが、その後ジャン・ポール・ゲティ/J・ポール・ゲッティの助手となった。ゲッティによると、このころのクラウスは性格温厚で忍耐強く、時にゲッティの罪の身代わりの役をこなしていたそうである。その後も1968年までゲッティとの付き合いは続いていた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら