インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

小林圭二氏(工学者)

2019年5月27日 膵臓がんにより逝去 ニュースソース

小林 圭二(こばやし けいじ、1939年 - 2019年5月27日)は、日本の工学者。関東州(現:中国)大連市出身。
1953年、埼玉県熊谷市に引き揚げる。
京都大学大学院工学研究科・工学部/京都大学工学部原子核工学科卒業。京都大学原子炉実験所(現:京都大学複合原子力科学研究所)助手 (教育)/助手を経て、2002年に同講師 (教育)/講師。2003年、定年退職。
当初は原子力発電の実用化を推進する立場で研究していたが、やがて批判に転じる。
1973年、四国電力の伊方原子力発電所1号建設に反対する住民訴訟を支援。高速増殖原型炉もんじゅの設置許可の無効確認を求めた行政訴訟(もんじゅ訴訟)では、原告特別補佐人、証人を務めている。
2019年5月27日、膵臓癌などのため死去。『高速増殖炉もんじゅ 巨大核技術の夢と現実』(1994年、七つ森書館)『動かない、動かせない「もんじゅ」 高速増殖炉は実用化できない』(2010年、七つ森書館)『原発の安全上欠陥』(1979年、第三書館)共著:小出裕章、久米三四郎、今中哲二ほか

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら