インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

花谷和子氏(俳人)

2019年6月11日 老衰により逝去 ニュースソース

花谷 和子(はなたに かずこ、1922年3月22日 - 2019年6月11日)は、大阪府出身の俳人。旧姓・驪城(こまき)。豊中市生まれ。1939年、大阪府立清水谷高等女学校(現・大阪府立清水谷高等学校)卒。1954年、「青玄」に入会、日野草城に師事。草城没後は伊丹三樹彦に師事した。1973年、「藍」を創刊、代表同人。1975年より同主宰。1986年、大阪府芸術功労賞、1994年、第43回現代俳句協会賞受賞。2011年、「藍」主宰を退き名誉主宰。代表句に「宙という美しきもの雪舞えり」などがあり、やさしさや慈しみを湛えた句風である。句集に『ももさくら』『光は空へ』『五月の窓』がある。子の花谷清も俳人で現「藍」主宰。
2019年6月11日、老衰のため死去。97歳。
*『現代俳句大事典』 三省堂、2005年

* 藍 - 結社紹介
* 現代俳句データベース 花谷和子の俳句
* 増殖する俳句歳時記 花谷和子の句

Category:20世紀日本の俳人
Category:21世紀日本の俳人
Category:日本の女性俳人
Category:大阪府立清水谷高等学校出身の人物
Category:大阪府出身の人物
Category:1922年生

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら