インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

菅谷文則氏(考古学者)

2019年6月18日 逝去 ニュースソース

菅谷 文則(すがや ふみのり、1942年9月7日『現代日本人名録』2002年 - 2019年6月18日)は、日本の考古学者。滋賀県立大学名誉教授、前奈良県立橿原考古学研究所所長。
奈良県宇陀郡榛原町 (奈良県)/榛原町(現・宇陀市)生まれ『日本歴史』2019年9月号(吉川弘文館)、p.119。奈良県立畝傍高等学校を経て、関西大学文学部考古学科卒、1967年同大学院修士課程修了、同大学副手をへて奈良県立橿原考古学研究所で古墳・寺跡などの発掘に従事し、北京大学に留学。帰国後、シルクロード学研究センター研究主幹などを経て、1995年滋賀県立大学教授。2008年退任、2009年から橿原考古学研究所所長『三蔵法師が行くシルクロード』著者紹介。2019年5月31日、橿原考古学研究所を退職https://www.sankei.com/west/news/190527/wst1905270030-n1.html 奈良・橿考研の菅谷文則所長が退職へ(産経新聞、更新日2019.5.27 19:00)。
2019年6月18日、死去https://this.kiji.is/513705093683577953?c=59182594473885705 考古学者の菅谷文則氏が死去(共同通信 更新日:2019/6/18 22:20 (JST))。76歳没。
*『日本人と鏡』同朋舎出版 1991

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら