インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ミッチェル・ファイゲンバウム氏(数理物理学者)

2019年6月30日 逝去

ミッチェル・ジェイ・ファイゲンバウム(Mitchell Jay Feigenbaum、1944年12月19日 -2019年6月30日)は数理物理学者。彼のカオス理論の先駆的研究がファイゲンバウム定数の発見につながったことで知られる。
ニューヨーク生まれ J. Tilden高校、ニューヨーク市立大学シティカレッジ/ニューヨーク市立大学と進学した。1964年、マサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院で研究を開始した。電気工学の卒業研究に入学し、自身の領域を物理学へ変更した。Francis E. Low教授の指導の下1970年に博士号を取得し、分散関係に関する論文を発表した。
コーネル大学(1970年 – 1972年)とバージニア工科大学(1972年 – 1974年)への短期滞在後、流体の乱流/乱れを研究するためにニューメキシコのロスアラモス研究所に長期のポストを申請した。そのグループの研究者たちは乱流の難解な理論を最終的に解明することはできなかったが、彼の研究はカオスマップの研究につながった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら