インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ウィム・クロウェル氏(グラフィックデザイナー)

2019年9月19日 逝去

File:Wim Crouwel 1976.jpg/thumb/ウィム・クロウェル (1976)ウィム・クロウェル(Wim Crouwel,1928年グローニンゲン - 2019年9月19日)はオランダのグラフィックデザイナー、書体デザイナーである。現在も現役で活動しており、オランダおよび欧州のグラフィックデザイン史において最も重要なデザイナーのひとりといわれる。File:NewAlphabetSpec2.png/thumb/ クロウェルははじめグローニンゲンで絵画を学び、後にアムステルダムに移ってIVKNO美術学校の夜学コースを受講しながら芸術家グループ〈Creatie〉に参加する。1952年、デザイナーであるディック・エルフェルス(Dick Elffers)とともに展示会の構成をおこなう事務所を設立。大きな仕事としてはスイスのグラフィックデザイナー、ジェラール・イフェル(Gérard Ifert)と写真家エアンスト・シャイデッガー(Ernst Scheidegger)とともに手がけた、欧州の戦災復興を扱った大規模な展示会の設計がある。1956年にはインテリアデザイナーのコー・リアン・レ(Kho Liang le)と事務所を設立。こうしてクロウェルは立体物の分野からデザインの世界に入ってゆくこととなった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら