インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

茂山千作氏(狂言師)

2019年9月21日 すい臓がんにより逝去 ニュースソース

茂山 千作(しげやま せんさく)は、狂言大蔵流の名跡。京都を本拠とする茂山千五郎家の隠居名。五世を数える。
初世 茂山 千作(しょせ しげやま せんさく、文化 (元号)/文化7年5月17日 (旧暦)/旧暦5月17日(1810年6月18日)- 明治19年(1886年)5月11日)
茂山千五郎/九世茂山千五郎正虎の隠居名。
二世 茂山 千作(にせ しげやま せんさく、元治元年9月27日 (旧暦)/旧暦9月27日(1864年10月27日)- 昭和25年(1950年)2月5日)
初世の三男。京都生まれ。本名市蔵。1888年、十世茂山千五郎正重を襲名、1906年、巖谷小波・久留島武彦らとお伽倶楽部を作り、子供への狂言普及に尽くした。1946年、二世茂山千作を襲名。谷崎潤一郎と親しく、その随筆『月と狂言師』(1949年)に、息子たちとともに登場する。
三世 茂山 千作(さんせ しげやま せんさく、明治29年(1896年)8月22日 - 昭和61年(1986年)7月19日)

-(ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら