インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

吾妻ひでお氏(漫画家)

2019年10月13日 逝去 ニュースソース

吾妻 ひでお(あづま ひでお、1950年(昭和25年)2月6日 - 2019年(令和元年)10月13日)は、日本の男性漫画家、同人作家。『ふたりと5人』、『不条理日記』、『ななこSOS』などで知られ、自らの失踪経験やアルコール依存症治療体験に基づく『失踪日記』は話題を呼んだ。同作は日本漫画家協会賞大賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、イタリア・グラン・グイニージ/グラン・グイニージ賞などを受賞し、日本の漫画家の作品として初めてイグナッツ賞にノミネートした。
本名は吾妻 日出夫(あづま ひでお)。北海道十勝郡浦幌町宝町出身。ABO式血液型/血液型はABO式血液型/O型。
1969年、『月刊まんが王』(秋田書店)12月号掲載の『リングサイド・クレイジー』(吾妻日出夫名義)でデビュー。以後、サイエンス・フィクション/SF・ナンセンス色の強い作風で徐々に人気をえる。『週刊少年チャンピオン』で当時流行していたハレンチコメディ路線の『ふたりと5人』(1972年 - 1976年)を連載し、ヒットさせる。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら