インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

三宅宅三氏(プロ野球選手)

2006年4月16日 呼吸器不全により逝去

三宅 宅三(みやけ たくぞう、 1921年2月22日 - 2006年4月16日)は、岡山県倉敷市出身のプロ野球選手(外野手)。
玉島中(現・岡山県立玉島商業高等学校/玉島商)では砲丸投で全国優勝。明治大学を経て、岡山県立倉敷工業高等学校/倉敷工の監督となる。1949年にチームを甲子園大会出場に導いた。
1950年、毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)の創立と同時にテスト入団。現役年数は8年と短いものの選球眼が良く、また長打力もある為、時折チームの中軸を担い、3度の二桁本塁打を記録する等の活躍を見せた。1957年に引退。大毎・東京・ロッテで打撃コーチ、スコアラー、スカウト、1987年から1996年まで中日ドラゴンズ/中日で編成本部顧問を務めた。
2006年4月16日、呼吸器不全のため東京都世田谷区の病院で死去。85歳。2005年の古巣・ロッテの日本一を見届けての死だった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら