インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ジョン・テイト氏(数学者)

2019年10月16日 逝去

ジョン・テイト(John Torrence Tate, 1925年3月13日 - 2019年10月16日)は、アメリカ合衆国/アメリカの数学者。
エミール・アルティンのもとで1950年プリンストン大学で学位を取得。長年ハーバード大学に勤め、現在はテキサス大学オースティン校教授。ミネソタ州ミネアポリス生まれ。
現在の研究範囲は代数的整数論、類体論、ガロア・コホモロジー、ガロア表現、L関数とその特殊値、モジュラー形式/Modular形式、楕円曲線、アーベル多様体/Abel多様体。
p-divisible群とTate加群の研究によりp進Hodge理論を用意した。
Abel多様体におけるSerre-Tate理論。
Rigid解析空間の幾何学の創始。
Artin-Tate公式、Iwasawa-Tateのゼータ。
Lubin-Tate群、Shafarevich-Tate群、Mumford-Tate群の構成等とまだまだ沢山彼の名前がついた業績が有る。
Tate双対性、Tate曲線、Neron-Tate height、Bass-Tate、Mazur-Tate-Teitelbaum
Hodge-Tate分解、Tate twist、Sato-Tate...etc...
*コール賞数論部門 -(1956年)
*スティール賞生涯の業績部門 -(1995年)
*ウルフ賞数学部門 -(2002/2003年)

-(ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら