インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ハンスハインツ・シュネーベルガー氏(ヴァイオリン奏者)

2019年10月23日 逝去

ハンスハインツ・シュネーベルガー(Hansheinz Schneeberger, 1926年10月16日 - 2019年10月23日)は、スイスのヴァイオリニスト/ヴァイオリン奏者。 portrait hansheinz schneeberger
1926年ベルン生まれ。地元の音楽院でヴァルター・ケギに学ぶ傍らでルツェルンのフレッシュ・カーロイ/カール・フレッシュのところに通い、パリでボリス・カメンスキーにも師事した。1958年から1961年まで北ドイツ放送交響楽団のコンサートマスターを務め、1965年からプラード・カザルス音楽祭に参加した。
1952年にはフランク・マルタンのヴァイオリン協奏曲、1958年にはバルトーク・ベーラ/バルトークのヴァイオリン協奏曲第1番 (バルトーク)/ヴァイオリン協奏曲第1番、1970年にはクラウス・フーバーの《テンポーラ》の初演をそれぞれ手掛けた。
1995年にはツヴィッカウからロベルト・シューマン賞を贈呈されている。
2019年10月23日、スイス・バーゼルにて死去した。
y:スイスのヴァイオリニストy:コンサートマスターy:ベルン出身の人物y:1926年生

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら