インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

マルガリータ・サラス氏(生化学・分子遺伝学者)

2019年11月7日 逝去

初代カネーロ侯爵マルガリータ・サラス・ファルゲラス(, 1938年11月30日 - 2019年11月7日)は、スペイン・オビエド県(現・アストゥリアス州)出身の生化学者・分子遺伝学/分子遺伝学者。
、、アメリカ芸術科学アカデミー、、米国科学アカデミー、セベロ・オチョア財団の会員である。
サラスはオビエド県(現・アストゥリアス州)カネーロに生まれた。マドリードのマドリード・コンプルテンセ大学を卒業し、1961年に博士号(Ph.D)を取得した。指導教官は(CSIC)のアルベルト・ソルスである。1967年にはアメリカ合衆国に渡り、ノーベル生理学・医学賞受賞者のセベロ・オチョアと共に働いた。サラスと夫のエラディオ・ビニュエラは、生化学と分子生物学の分野でスペイン国内の研究を促進する役割を担った。博士課程の学生40人以上の指導教官を務め、200本以上の科学論文を執筆した。スペイン国立研究所でバイオテクノロジー分野の教授を務めた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら