インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

高市圭二氏(調教師・騎手)

2020年2月17日 がんにより逝去 ニュースソース

高市 圭二 (たかいち けいじ、1955年8月18日 - 2020年2月17日)は元調教師・騎手。
日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンターに騎手時代から所属していた。主な管理馬にシングンマイケルなど。
1971年4月に東京競馬場(のちに美浦)の荒木静雄厩舎所属の騎手候補となり、1978年に騎手デビュー。初騎乗は同年3月4日中山競馬場/中山競馬第9競走のセツザンで1着と、初騎乗で初勝利を挙げた。
1990年2月に騎手を引退し、嶋田功厩舎の調教助手に転身。騎手成績は702戦25勝であった。引退まで荒木厩舎に所属していた。
1996年に調教師免許を取得し、厩舎を開業。初出走は同年12月22日中山競馬場/中山競馬第4競走のマレットラックで8着。初勝利は翌1997年3月8日中山競馬第7競走のミヤギロドリゴで、のべ22頭目であった。
1998年の京成杯をマンダリンスターで制し、重賞競走初勝利を挙げた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら