インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

筒井伸輔氏(画家)

2020年2月24日 食道がんにより逝去 ニュースソース

筒井 伸輔(つつい しんすけ、1968年8月21日 - 2020年2月24日)は、日本の画家。
東京都新宿区信濃町 (新宿区)/信濃町の慶應義塾大学病院で、小説家筒井康隆の一人息子として生まれた。当時の住まいは渋谷区であったが両親とも関西出身であり、まもなく母の実家が近い神戸市垂水区に転居。同地で育つ。兵庫県立須磨東高等学校を経て武蔵野美術大学油画科を卒業。
妻の智子(1969年10月21日 - )は岩崎智子の名で画家として活動しており、筒井康隆の『佇むひと』角川文庫版の表紙を手がけている。
澁澤龍彦や森茉莉を愛読する一方で、父の作品には関心がない。本が好きで古本屋を開こうと思っていたこともあるが、画家になり一貫して蜜蝋を使って、昆虫をモチーフとした作品を制作した。
2012年7月13日より、『朝日新聞』にて康隆の連載小説『聖痕』の挿絵を担当した。
2020年2月24日、食道癌により逝去、享年51歳。


*https://mizuma-art.co.jp/artists/tsutsui-shinsuke/ 筒井 伸輔 / TSUTSUI Shinsuke MIZUMA ART GALLERY
Category:日本の画家

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら