インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

伊地智啓氏(映画プロデューサー)

2020年4月2日 膵臓がんにより逝去 ニュースソース

伊地智 啓(いじち けい、1936年2月8日 - 2020年4月2日)は、日本の映画プロデューサー。これまでに100本以上の作品を手がけた。
1936年2月8日、兵庫県に生まれる。早稲田大学文学部を卒業。1960年、日活撮影所助監督部に入社する。1971年にプロデューサーへ転身したのち、1977年に同社を退社する。多摩市議会議員(2015年~)の伊地智恭子は娘。
セントラル・アーツを経て高崎俊夫「伊地智啓に聞く 相米慎二と共に"映画の荒野を走った"時代」『キネマ旬報』2015年5月上旬号、103頁、1978年、長谷川和彦監督のために設立されたキティ・フィルムに、「映画のプロがいないから」と長谷川に引っ張り込まれて参加。長谷川監督の『太陽を盗んだ男』や相米慎二監督の『セーラー服と機関銃 (映画)/セーラー服と機関銃』を手がけ、以降も『あぶない刑事』など数多くヒット作を連発する。1995年、ケイファクトリーを設立。代表取締役社長、会長を経て、2002年に同社を退社する。その後鹿児島県に移住し活動拠点としていた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら