インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

開米栄三氏(特撮怪獣造形家)

2020年4月24日 白血病により逝去 ニュースソース

開米 栄三(かいまい えいぞう、1929年 - 2020年4月24日)は、日本映画/日本の特撮映画の怪獣造形家。造形会社「開米プロダクション」代表取締役会長。東京府出身。
当初は遊園地やお化け屋敷で仕事をしていたが、1952年に友人から紹介された八木正夫を介して八木の父と叔父である八木勘寿・八木康栄/康栄兄弟の下につき、東宝の映画美術や小道具制作に携わった。1954年(昭和29年)には『ゴジラ (1954年の映画)/ゴジラ』に参加し、特殊美術監督の渡辺明 (美術監督)/渡辺明のもと、利光貞三、八木勘寿・康栄兄弟ら造形スタッフを補佐して怪獣ゴジラ (架空の怪獣)/ゴジラのぬいぐるみの制作に携わる。撮影現場では視界の狭いゴジラの先導役も務めたほか、宣伝スチールの撮影では自身もゴジラのぬいぐるみに入った。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら