インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

マット・キーオ氏(プロ野球選手)

2020年5月1日 肺塞栓症により逝去 ニュースソース

マシュー・ロン・キーオ(Matthew Lon "Matt" Keough、1955年7月3日 - 2020年5月1日)は、元プロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。父のマーティ・キーオも元プロ野球選手であり、1968年に日本プロ野球/NPBでプレーした経験がある。オークランド・アスレチックスには内野手として入団するが、マイナーリーグ/マイナー時代に打力が低いこともあったが、投手としての才能を見いだされ1976年にコンバート。1977年に早くもメジャー昇格。アスレチックスは1970年代前半はワールドシリーズ3連覇を達成したが、フリーエージェント (プロスポーツ)/フリーエージェント(FA)制度ができるとレジー・ジャクソンら黄金時代を築いたスターが軒並み移籍して、チーム力は低下していた。ルーキーイヤーの1978年には、打線の援護がなく8勝15敗に終わったが、防御率3.24とまずまず好投。しかし、1979年は開幕から14連敗を喫するなど2勝17敗の散々な成績に終わった。9月5日にシーズン初勝利を挙げるまで、前年から続く28先発連続勝利なしのMLB記録を作った。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら