インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

望月一氏(プロ野球選手)

2020年7月6日 虚血性心疾患により逝去 ニュースソース

望月 一(もちづき はじめ、1968年4月26日 - 2020年7月6日)は静岡県静岡市出身のプロ野球選手(投手)。
登録名は1991年から1996年7月まで「望月 秀通(読み同じ)」、1996年7月から同「望月 秀継(ひでつぐ)」。
静岡県立静岡高等学校/静岡高から、1986年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)/1986年のプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから4位指名を受け入団。
プロ4年目のに一軍初登板を果たし、6月7日の対ヤクルト戦で、自らサヨナラ四球を選んでプロ入り初勝利を挙げる。2度の肘手術を克服し、右の中継ぎとして活躍。
オフに自由契約となり、福岡ソフトバンクホークス/福岡ダイエーホークスにテスト入団。
翌オフに現役を引退し、その後国際医療福祉大学/国際医療福祉大に就学し理学療法士の国家試験に合格。よりトレーナーとして広島に復帰。より千葉ロッテマリーンズのトレーナーを務めていた。
7月6日9時18分、虚血性心疾患のため、埼玉県川越市の自宅で死去。
{/
/-
/style="text-align:center;"/

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら