インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

森崎東氏(映画監督・脚本家)

2020年7月16日 脳梗塞により逝去 ニュースソース

森﨑 東(もりさき あずま、1927年11月19日 - 2020年7月16日)は、日本の映画監督、脚本家である。
1927年、長崎県島原市に生まれる。京都大学法学部を卒業。
1956年、松竹京都撮影所に入社する。
1965年、大船撮影所に移籍し、野村芳太郎監督や山田洋次監督の助監督、脚本を手がける。
1969年、『喜劇 女は度胸』で監督デビュー。以降、『男はつらいよ フーテンの寅』をはじめとする喜劇を撮り続ける。
1971年、一連の作品により、芸術選奨新人賞を受賞する。
1974年、フリーとなる。
1977年、居酒屋で口論となった学生のTOHJIRO/伊藤裕一を『黒木太郎の愛と冒険』の脚本製作に誘い、映画監督を目指す青年「伊藤銃一」役としても起用し、制作。
1985年、『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』を発表。
1996年、『美味しんぼ#映画/美味しんぼ』を監督する。
2003年、第4回東京フィルメックス審査員を務める。2004年、『ニワトリはハダシだ』が第17回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀芸術貢献賞を受賞した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら