インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

アーサー・アシュキン氏(物理学者)

2020年9月21日 逝去

アーサー・アシュキン(Arthur Ashkin, 1922年9月2日 - 2020年9月21日)は、ベル研究所とルーセント・テクノロジーで働いていたアメリカ合衆国の物理学者である。
1960年代後半にレーザー光によって微粒子を操作する研究を始め、1986年に光ピンセットを発明した。最終的に原子、分子、生物細胞を操作できる光トラッピング法も開発した。鍵となる現象は、光の放射圧である。2018年、光ピンセットの父として多くの人に認められたことから
"LaserFest – the 50th anniversary of the first laser"
、ノーベル物理学賞を受賞した。
光ピンセット以外にも、、第二次高調波発生、光ファイバー内の非線形現象についての研究でも知られている。
1922年に、ニューヨークのブルックリンで生まれ育った。父はウクライナから帰化した歯科技工所経営のIsadore、母はAnna Ashkinで、4人の子供のうちの次男として生まれた。兄の:en:Julius Ashkin/Julius Ashkinも物理学者の道を進み、業績を残している。姉妹は二人で一人はRuth、もう一人の姉Gertrudeは早逝している。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら