インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

マリオ・モリーナ氏(化学者)

2020年10月7日 心筋梗塞により逝去 ニュースソース

マリオ・ホセ・モリーナ・エンリケス(、1943年3月19日 - 2020年10月7日)は、メキシコの化学者。マサチューセッツ工科大学教授(地球科学)。
フロン類/フロンガスによるオゾン層破壊の危険性を指摘して、パウル・クルッツェン、フランク・シャーウッド・ローランドとともに1995年度のノーベル化学賞を受賞した。自然科学分野のノーベル賞を受賞した最初の、そして唯一のメキシコ人である(現在はアメリカ国籍を取得)。
バナジウムの発見者であるアンドレス・マヌエル・デル・リオ、経口避妊薬の発明者であるルイス・ミラモンテスとともにメキシコ3大化学者の一人に挙げられている。
メキシコシティで、弁護士で外交官であったロベルト・モリーナ・とレオノア・エンリーケスの息子として生まれた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら