インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

井出孫六氏(小説家・ルポライター)

2020年10月8日 敗血症により逝去 ニュースソース

井出 孫六(いで まごろく、1931年9月29日 - 2020年10月8日)は、日本の小説家、ルポライター。
長野県南佐久郡臼田町(現佐久市)出身。東京都立九段高等学校/旧制東京都立九段中学を経て東京大学大学院人文社会系研究科・文学部/東京大学文学部仏文科卒。政治家井出一太郎、医学者井出源四郎は兄、評論家の丸岡秀子は姉、厚生大臣などを務めた井出正一は甥、衆議院議員の井出庸生は甥の子。
中・高校教師、中央公論新社/中央公論社に勤務した。中央公論社を1970年春に退職する堀川惠子『永山則夫 封印された鑑定書』岩波書店、2013年、pp.28 - 33。中央公論社退職後、永山則夫連続射殺事件(1968年発生 / 警察庁広域重要指定事件/警察庁広域重要指定108号事件)に関心を抱き、1970年末に犯人である同事件夫被告人・永山則夫に面会、さらに弁護士から永山が獄中で綴ったノートを見せられて内容に驚き、その出版を企画する。永山の獄中手記は1971年3月に『無知の涙』として刊行され、永山の作家としてのデビュー作となった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら