インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ロイヤル小林氏(プロボクサー)

2020年11月17日 食道がんにより逝去 ニュースソース

ロイヤル小林(ロイヤルこばやし、本名:小林 和男(こばやし かずお)、1949年10月10日 - 2020年11月17日 )は、日本の男性プロボクサー。熊本県下益城郡出身。世界ボクシング評議会/WBC世界スーパーバンタム級、東洋太平洋ボクシング連盟/OPBF東洋太平洋フェザー級王者。ミュンヘンオリンピック(1972年)日本代表。
拓殖大学卒業後、自衛隊体育学校でボクシングを始め、アマチュアのトップ選手としてミュンヘンオリンピックに出場、ベスト8の成績を残す。アマ通算34勝 (28RSC) 3敗、KO率8割2分という記録を引っ提げてプロ入り。国際ボクシングスポーツジム/国際ジムからプロデビュー後もKOの山を築き、「KO仕掛人」の異名を持った屈指のハードパンチャーであった。
プロでは世界ボクシング評議会/WBC世界ジュニアフェザー級(現スーパーバンタム級)王者になった。
現役引退後は横浜光ボクシングジムなどでトレーナーを務めた後、ボクシング界を退いて熊本へ帰り、警備員などの仕事をしていたという。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら