インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

国吉源次氏(沖縄)

2021年5月4日 前立腺がんにより逝去 ニュースソース

国吉 源次(くによし げんじ、1930年6月10日 - 2021年5月4日)は、沖縄民謡(主に宮古民謡)の歌手。宮古島歌謡の第一人者と称されている。
1930年、沖縄県宮古郡城辺村(後に城辺町 (沖縄県)/城辺町→宮古島市)字新城に生まれる。幼い頃から歌うことが好きで、四六時中「歌ってばかり」の少年だったという。
1945年、15歳で新城青年会に入会。20歳の頃から地域の演芸会で歌・三線を披露するようになる。その後、24歳で新城青年会会長に就任し、宮古島内の大会で活躍した。
1965年、宮古民謡の道に生きることを決意して宮古丸で那覇市/那覇へ渡る。翌年、琉球放送の番組「金の歌銀の歌」に出演。宮古列島/宮古諸島の伊良部島に伝わる代表的な恋唄「伊良部トーガニー」を歌った。
1967年2月13日に開催された第20回NHKのど自慢沖縄地区大会では民謡の部優勝を果たし、沖縄本島においても類稀なる才能を発揮。翌月には全国大会にも出場。民謡歌手として本格的なデビューを遂げた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら