インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

栃折久美子氏(製本工芸家・エッセイスト)

2021年6月25日 老衰により逝去 ニュースソース

栃折 久美子(とちおり くみこ、1928年12月7日 - 2021年6月25日)は、日本の装幀家。製本工芸家。エッセイスト。
東京生まれ。東京女子大学卒業。筑摩書房に勤務ののち、1967年に退社。フリーの製本家となる 考える本棚 栃折久美子『モロッコ革の本』(筑摩書房)新潮社。森有正を知り、以後森の死去まで恋愛関係にあった。1972年、ベルギー国立高等視覚芸術学校でルリユール(:fr:reliure/(仏語))と呼ばれる製本技術を学び、帰国後は後進の指導にも当たった。1975年国井喜太郎賞受賞、1981年、国際製本家協会よりマイスターの認定を受け正会員となる。1985年、国際女流芸術文化協会連盟の現代芸術展審査員賞受賞。
エッセイストとしては、2003年に『森有正先生のこと』を刊行した。
2021年6月25日、老衰のため死去。92歳没。
* モロッコ革の本 筑摩書房 1975 のち集英社文庫、ちくま文庫、大活字本
* 製本工房から 冬樹社 1978 のち集英社文庫
* えほんをつくる 大月書店 1983
* 手製本を楽しむ 大月書店 1984
* 装丁ノート 創和出版 1987

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら