インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

越中哲也氏(郷土史家)

2021年9月25日 老衰により逝去 ニュースソース

越中 哲也(えっちゅう てつや、1921年12月13日『著作権台帳』 - 2021年9月25日)は、長崎市出身の郷土史家。長崎歴史文化協会では理事長を務めていた 長崎歴史文化協会 事業概要 - (株)長崎経済研究所(2011年7月11日閲覧)。
長崎の民話「飴屋の幽霊」(毎年8月16日が御開帳日となる「産女の幽霊像」も光源寺で保管 ヤフーニュース2014年8月17日)の話の舞台になった光源寺の息子として生まれる。長崎県立長崎中学校 (旧制)/長崎県立長崎中学校、龍谷大学文学部仏教学科卒業後、徴兵され戦地へ。復員直後、焼け残った県立図書館に通っていたところ古賀十二郎、渡辺庫輔、片岡弥吉、林源吉、永島正一などの郷土史家に出会ったことが契機となり、自身も郷土史研究の道を歩むことになる。1955年(昭和30年)に長崎市職員となり、長崎市立博物館に学芸員として勤務、1974年(昭和49年)館長に就任。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら