インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

安保清種氏(軍人)

1948年6月8日 逝去

安保 清種(あぼ きよかず、明治3年10月15日 (旧暦)/10月15日(1870年11月8日) - 昭和23年(1948年)6月8日)は、明治期から昭和期にかけての大日本帝国海軍/日本海軍軍人。海軍大将。濱口雄幸内閣の海軍大臣。佐賀県出身。男爵。
東京都新宿区にある道路「安保坂」は、安保の邸があったことに由来する。
海軍草創期の中堅幹部・沢野種鉄大佐の三男として生まれる。前名は康三郎。佐賀県立佐賀西高等学校/佐賀中学、攻玉社中学校・高等学校/攻玉社を経て、海軍兵学校 (日本)/海軍兵学校海軍兵学校卒業生一覧 (日本)#18期/18期生。在学中は父が兵学校次長であった。しかし在学中に父が病没する。規定局長安保清康/林清康少将(のち海軍中将)が長女との縁談を進め、林家の養子となる。同時に養父から「清」、実父から「種」の字を頂き、林清種に改名。1897年に男爵に叙せられた清康中将が安保姓に改姓したため、この時点で世に知られる安保清種の姓名となる。1909年、養父の死去に伴い男爵を相続する。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら