インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

今村荒男氏(内科医)

1967年6月13日 逝去

File:Arao Imamura, 5th president of the Osaka University.jpg/thumb/200px/今村荒男
今村 荒男(いまむら あらお、1887年10月13日 - 1967年6月13日)は、内科学者。元大阪大学総長。奈良県安堵町生まれ。
大阪府から奈良県独立・再設置に導いた民権運動家であった今村勤三の次男。勤三の長男は大正 - 昭和時代前期の銀行家・今村幸男、三男は大日本紡績(現・ユニチカ)常務取締役・相談役を務めた今村奇男。天誅組の立役者であった今村文吾は勤三の伯父にあたる。
東京大学/東京帝国大学卒業。東京帝国大学伝染病研究所を経て、1925年、大阪大学/大阪帝国大学教授に就任。大阪帝国大学微生物病研究所長を務めた。また奈良県立医科大学の前身の奈良県立医学専門学校の初代校長となった。日本で初めてBCGワクチンの人体接種を行い、結核予防と治療に尽力した。1951年、日本学士院会員。1960年、文化功労者。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら