インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

南利明氏(喜劇俳優)

1995年1月13日 肺がんにより逝去

南 利明(みなみ としあき、1924年3月14日 - 1995年1月13日)は、日本の喜劇俳優。本名は野津 俊三(のづ しゅんぞう)。
神奈川県横須賀市生まれ、愛知県名古屋市育ち3歳で名古屋市へ転居、名古屋出身としていた。旧制南山中学校・高等学校男子部/南山中学卒業。
榎本健一に師事(のち破門されるが、彼の最晩年に破門を許される)。由利徹・八波むと志と脱線トリオを1956年に結成。リーダー格となり、浅草を中心にドタバタ喜劇の女形の役柄で人気を得る。元々3人とも所属事務所が違ったため、間もなくトリオは解散し、以降、ピン芸人/ピンで活躍。『てなもんや三度笠』に軽妙な名古屋弁を喋る鼠小僧役でレギュラー出演し、人気を獲得した。
1969年のオリエンタル (食品メーカー)/オリエンタルの「スナックカレー」のCM中での名古屋弁のフレーズ「ハヤシライス/ハヤシもあるでョ〜」や、後にこのCMをパロディ化した赤城乳業の「カレーアイス」のCMにも出演。なおこのCMの締めは「ハヤシはありゃせんぞ(ないよ)」となっている。

ウィキペディアより)

ナチズムは夢か: ヨーロッパ近代の物語 ナチス・ドイツの社会と国家―民族共同体の形成と展開 南近畿の戦国時代 (戎光祥中世史論集第5) 新版 南アジアを知る事典 南アジアを知る事典 グローバル時代の学校教育

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら