インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

寿岳章子氏(国語学者)

2005年7月13日 逝去

寿岳 章子(じゅがく あきこ、1924年1月2日 - 2005年7月13日)は、日本の日本語学者/国語学者、エッセイスト。
寿岳文章・寿岳しづ夫妻の長女として京都府に生まれる。1946年、東北帝国大学卒業、京都大学大学院へ進学。京都府立大学助教授、教授として同大学に36年間勤めた。言葉と女性差別の問題で発言を続け、「憲法を守る婦人の会」の活動に30年以上携わった。
弟は天文学者の寿岳潤。
*レトリック 日本人の表現 共文社, 1966
*女は生きる 名前が語る女の歴史 三省堂新書, 1968
*花と詩の旅 芸艸堂, 1970
*働く婦人の講座 7 働く婦人の人間関係 汐文社, 1972
*女・人間として その生き方を考える 文研出版, 1974
*ふるさとの花こよみ京都 芸艸堂, 1975
*日本語の裏方 講談社, 1978
*日本人の名前 大修館書店, 1979
*暮らしの京ことば 朝日選書, 1979
*日本語と女 岩波新書, 1979
*暮らしのことばと心 大月書店, 1980
*過ぎたれど去らぬ日々 わが少女期の日記抄 大月書店, 1981
 (日本放送協会/NHKドラマ人間模様・いつか来た道, 1983 原作 本人役三田寛子)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら