インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

鈴木貞一氏(軍人)

1989年7月15日 逝去

鈴木 貞一(すずき ていいち、1888年(明治21年)12月16日 - 1989年(平成元年)7月15日)は、日本の軍人、陸軍中将。通称「背広を着た軍人」。「三奸四愚」と呼ばれた東條英機側近三奸の一人とされる。千葉県山武郡芝山町(山中)出身。
千葉県の地主である鈴木八十吉の長男とし生まれる。
私塾成渓学舎を経て京北中学校を卒業後、満州の森林開発に携わることを志望していた事から、東京大学/東京帝国大学農学部を受験する予定であったが、直前に腕試しの為に受験した陸軍士官学校に合格した事から、当時陸軍騎兵大佐だった伯父の加瀬倭武(陸士旧10期、陸大10期)の勧めもあって陸士へ進学することとなった。
1910年(明治43年)に陸軍士官学校 (日本)/陸軍士官学校(22期)、1917年(大正6年)に陸軍大学校(29期)を卒業した。陸大では英語と中国語を専攻し、卒業後も支那問題に関する研究を続けたことから、参謀本部の支那班・作戦課での勤務を命じられ、上海市/上海及び北京市/北京、武漢市/武漢に駐在した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら