インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

平野龍一氏(法学者)

2004年7月16日 呼吸不全により逝去

平野 龍一(ひらの りゅういち、1920年(大正9年)9月29日 - 2004年(平成16年)7月16日)は、日本の法学者。東京大学名誉教授・元・総長。専門は刑事法。法学博士(東京大学、1962年(昭和37年))(学位論文「刑事訴訟法」)。熊本県熊本市出身。
父は鹿本選出の県会議員、のち熊本市長の平野龍起。同郷(熊本県鹿本町来民町/来民)の内閣総理大臣清浦奎吾(内務官僚、検事、司法次官、司法大臣、総理大臣、戦前の刑事訴訟法策定)の影響を受け、刑事法研究の世界に入り、小野清一郎に師事する。その後、アメリカ合衆国に留学。
かつて自著で「欧米の裁判所は有罪か無罪かを判断する所であるのに対して日本の裁判所は有罪を認定するだけの所である」という痛烈な司法行政批判を行った事がある。1954年(昭和29年)に発足した青年法律家協会の発起人の一人。
2004年(平成16年)7月16日、呼吸不全のため東京都文京区の病院で死亡/死去 。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら