インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

黒田清氏(ジャーナリスト)

2000年7月23日 すい臓がんにより逝去

黒田 清(くろだ きよし、1931年2月15日 - 2000年7月23日)は、日本のジャーナリスト、元読売新聞記者。兄は神戸大学名誉教授の黒田健二郎。
大阪府大阪市北区 (大阪市)/北区天満出身、天満橋北詰の天満市場前で、製粉工場を経営する父と母の9人兄弟の末っ子として生まれた『オール3の思想』(近代文芸社)。大阪府立高津高等学校/旧制大阪府立高津中学校卒業、第四高等学校 (旧制)/旧制第四高等学校(現:金沢大学)、京都大学大学院経済学研究科・経済学部/京都大学経済学部卒業。
1952年12月、大阪進出直後の読売新聞大阪本社/大阪読売新聞社に新卒1期生として入社。遊軍記者からスタートし、社会畑を歩み、1976年に社会部部長就任。以後、この社会部チームの記者は在京のメディアから「新しい新聞記者集団」として「黒田軍団」と名付けられ注目を集めた。読売新聞大阪社会部として、1984年には「警官汚職」で日本ノンフィクション賞、1985年に「戦争」で菊池寛賞をそれぞれ獲得。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら