インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

時実利彦氏(生理学者)

1973年8月3日 逝去

時実 利彦(ときざね としひこ、1909年9月4日 - 1973年8月3日)は、日本の生理学者、東京大学名誉教授。大脳生理学を専門とする。医学博士。岡山県生まれ。その名前を冠した賞もある。* 1934年:東京大学/東京帝国大学医学部卒業* 1945年:東京帝国大学附属医学専門部教授(1950年まで)* 1954年:カリフォルニア大学ロサンゼルス校解剖学教室留学* 1956年:東京大学医学部脳研究施設教授* 1962年:東京大学医学部脳研究施設長* 1967年:京都大学霊長類研究所教授(併任)* 1970年:京都大学霊長類研究所教授(専任、1973年4月まで)時実は、実験脳生理学の手法を日本に導入、大脳皮質の活動水準を調節し行動に至る神経活動を電気生理学的に体系づけた。大学の恩師に橋田邦彦がいる。また数学者の岡潔と親交があり、岡の晩年は時実よりも岡の方が大脳生理学の師に近い関係であった。*人間のからくり 毎日新聞社 1959*よろめく現代人 相争う二つの心をどう操るか 講談社 1960 ミリオン・ブックス *脳のすべて あたまをすっきり 毎日新聞社 1962

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら