インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

青木廣彰氏(実業家)

2008年7月10日 肺炎により逝去 ニュースソース

青木 廣彰(あおき ひろあき、1938年10月9日 - 2008年7月10日)は、日本の実業家、冒険家、元レスリング選手、バックギャモンプレーヤー。東京都出身。アメリカ合衆国の鉄板焼きレストランチェーン「w:Benihana/BENIHANA」の創業者。通称、ロッキー青木。
File:Tokyo_grave_of_Hiroaki_Aoki.jpg/thumb/200px/青木廣彰の墓、世田谷区東京都
1938年10月9日、俳優・タップダンサーとして郷宏之の芸名で活躍し、後にレストランチェーン紅花 (飲食業)/紅花 (BENIHANA) 共同創業者となる青木湯之助、青木かつの長男として中野区/中野で生まれる。青木家は江戸時代は紀州藩/紀州徳川直参の旗本だった和歌山県士族の旧家である。
1951年4月、慶應義塾中等部に入学し、1957年3月、慶應義塾高等学校卒業。慶應義塾大学経済学部在学中にはアマチュアレスリング/レスリング部に所属した。1959年、レスリング日本選抜で米国遠征し、そのままアメリカに残る。ニューヨーク市立大学シティカレッジ (CCNY)に入学し、レストラン経営学を学ぶ。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら