インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

邦光史郎氏(作家)

1996年8月11日 逝去

邦光 史郎(くにみつ しろう、1922年2月14日 - 1996年8月11日)は、日本の作家。本名・田中美佐雄。父・力之助は時事新報の記者。妻は作家の田中阿里子。娘は作家・エッセイストの久我なつみ。
東京生まれ。高輪学園卒。京都で五味康祐らと『文学地帯』を創刊。のち放送作家。1962年『社外極秘』で直木賞候補。以後企業小説、推理小説、歴史推理小説、伝記小説を多数執筆。
戦前に保高徳蔵主宰の「文芸首都」懸賞に入選。戦時中は「新作家」同人となり、戦後は五味康祐とともに「文学地帯」を主宰し、十五日会に属する。「文学者」「京都文学」同人。関西のテレビ、ラジオに台本を執筆。

ウィキペディアより)

呪われた平安朝―小説日本通史・武士の抬頭 (祥伝社文庫) 小説日本通史 (完結編) (祥伝社文庫) 原・日本人の謎――その起源を求めて (祥伝社黄金文庫) 飛鳥の謎 (祥伝社黄金文庫) 信長三百年の夢―小説日本通史 戦国~元禄の繁栄 (祥伝社文庫) 海の邪馬台国 (祥伝社黄金文庫) 謎の正倉院 (祥伝社黄金文庫) 法隆寺の謎 (祥伝社黄金文庫)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら