インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

アンソニー・パーキンス氏(俳優)

1992年9月12日 エイズにより逝去

アンソニー・パーキンス(Anthony Perkins, 1932年4月4日 - 1992年9月12日)はアメリカ合衆国ニューヨーク出身の俳優。
父親が舞台俳優だったが、アンソニーが5歳の時に亡くなっている。若いころから俳優を志し、舞台に出演。映画デビューは1953年の『女優』。しばらく芽が出なかったが、コロンビア大学卒業後の1956年、ウィリアム・ワイラー監督のカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品『友情ある説得』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。その後、1957年の『ロンリー・マン』、続く1958年の『胸に輝く星』、『海の壁』、1959年『渚にて (小説)#映画/渚にて』などに出演、1960年代を代表する青春スターとして人気を博した。1959年の『緑の館 (映画)/緑の館』ではオードリー・ヘプバーンと共演、自ら歌う場面もあり美声を披露、1960年の『のっぽ物語』ではジェーン・フォンダと共演している。歌手としては「月影の渚」というレコードを出している Charts & Awards, Allmusic.com。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら