インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

玉ノ井健志氏(JRA騎手)

1992年9月24日 脳挫傷により逝去

玉ノ井 健志(たまのい たけし、1972年2月21日 - 1992年9月24日)は日本中央競馬会 (JRA) の騎手。当時は美浦トレーニングセンター・稲葉隆一厩舎所属で、平地競走と障害競走両方に騎乗していた。神奈川県出身。
1990年に第6期生として競馬学校騎手課程を卒業し、JRAの騎手免許を取得する。同期には江田照男、小原義之、村山明 (競馬)/村山明らがいる。JRA初騎乗は同年3月4日、第2回中山競馬場/中山4日目の第1競走で、15番人気のサンダーポポに騎乗して16着だった。8月11日、第1回函館競馬場/函館3日目第1競走アングロアラブ/アラ系4歳上700万下で4番人気だったモッカンセンプウで勝利し50戦目にしてJRA初勝利を挙げる。デビュー年は合計2勝という成績だった。
1991年1月6日第1回中山2日目第5競走障害4歳上未勝利戦をアイリスターフで障害競走初騎乗。
1992年4月4日第3回中山3日目第5競走障害4歳上未勝利戦をサンライトキングで勝利し、障害競走初勝利を挙げる。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら