インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

石田幸四郎氏(政治家)

2006年9月18日 特発性肺繊維症により逝去

石田 幸四郎(いしだ こうしろう、1930年〈昭和5年〉8月22日 - 2006年〈平成18年〉9月18日)は、日本の政治家。衆議院議員(10期)、公明党代表/公明党委員長(第5代)、総務庁/総務庁長官(第細川内閣/13・羽田内閣/14代)、公明新党代表(初代)、新進党副党首、公明党最高顧問などを歴任した。
北海道出身。旧制明治大学付属明治中学校・高等学校/明治中学、明治大学商学部卒業。実兄は参議院議員を務めた石田次男。
北海道札幌市生まれ。明治大学商学部を卒業後、聖教新聞広告部に務める。
1967年1月29日、第31回衆議院議員総選挙に愛知県第6区 (中選挙区)/旧愛知6区から立候補し、初当選(通算10期)。公明党臨時党大会で公明党副書記長に就任し、19年に渡り務める。
1986年12月、衆参同日選挙後に行われた公明党大会で公明党筆頭副委員長に就任する。
1989年(平成元年)5月に、明電工事件により公明党委員長矢野絢也が辞任したことに伴い、後任として党委員長に就任する。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら