インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

種田山頭火氏(俳人)

1940年10月11日 逝去

種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、日本の自由律俳句の俳人。''山頭火''とだけ呼ばれることが多い。山口県生まれ。「層雲 (雑誌)/層雲」の荻原井泉水門下。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一(たねだ しょういち)金子兜太 『種田山頭火:漂泊の俳人』 講談社〈講談社現代新書〉、1974年8月。

自由律俳句の代表として、同じ「層雲 (雑誌)/層雲」の荻原井泉水門下の同人、尾崎放哉と並び称される。山頭火、放哉ともに酒癖によって身を持ち崩し、師である井泉水や兼崎地橙孫ら支持者の援助によって生計を立てていた。その基因は、11歳の頃の母の投身自殺にある。

-(ウィキペディアより)

山頭火句集 (ちくま文庫) 山頭火俳句集 (岩波文庫) 放哉と山頭火: 死を生きる (ちくま文庫) 草木塔 山頭火句集 (山頭火文庫) 旅日記 山頭火のぐうたら日記 行乞記 01 (一)

種田山頭火氏のお墓(山口県防府市 護国寺)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら