インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

大松博文氏(バレーボール監督)

1978年11月24日 心筋梗塞により逝去

大松 博文(だいまつ ひろふみhttps://www.sangiin.go.jp/japanese/san60/giin/index.htm 歴代議員一覧(50音順):資料集:参議院 - 2020年5月16日閲覧。ただし「だいまつ ひろぶみ」としている資料等もある。、1921年2月12日 - 1978年11月24日)は、日本のバレーボール指導者、政治家。自由民主党 (日本)/自由民主党の元参議院議員(1期)。香川県綾歌郡宇多津町出身。
ユニチカ・フェニックス/ニチボー貝塚監督時代は、自ら育て上げた東洋の魔女を率いて、辞任までに175連勝を記録。1962年(昭和37年)、第4回女子世界選手権でソビエト連邦/ソ連を破り優勝。国民的英雄として迎えられる。1964年東京オリンピックではバレーボール日本女子代表/全日本女子を監督として金メダルに導く。「回転レシーブ」などを考案、その過酷な練習で「鬼の大松」ともいわれた。情報誌『イミダス/imidas2001』(集英社)の「20世紀を創った人々550」では、バレーボールの分野で前田豊、猫田勝敏と並んで3人のうちの1人に数えられた。
バレーボール殿堂入り。

ウィキペディアより)

大松博文氏のお墓(神奈川県鎌倉市 東慶寺)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら